HOME > 能力開発

能力開発

子どもの能力開発

■脳の成長の重要な部分は6歳までに終わる

記憶容量の比較

記憶装置収容能力
人間の脳125兆5000億
アメリカ国立公文書館12兆5000億
IBM3850磁気カートリッジ2500億
光ディスクメモリー125億
書籍130万
 (資料提供:RCA先端技術研究所)

頭の大きさについて

受胎の時点では受精卵が存在するだけです。

9ヶ月たつと頭囲    35cm

2歳半になると頭囲   50cm

21歳までの間に頭囲は  55cm になります。

・人生最初の6年間は脳が急速に成長する時期です。

・胎内の赤ちゃんの脳細胞は、60秒間に約25万個増えます。

人間の脳は、中身を入れれば入れるほど容量が増える唯一の容れもの



人間能力開発研究所の発達プロファイル

この「発達プロファイル」は、生まれてから6歳になるまでに子どもたちが通過していく脳の発達の重要な段階を図式化したものです。
人間能力開発研究所は、生まれてから6歳になるまでに、それぞれの子どもが、正常な発達段階を、正常な順序で、できる限り短期間でひとつひとつの段階の完成を目指しながら進んでいかれるようにすることを目標として、子どもたちを指導することを提唱しています。人間能力開発研究所の発達プロファイルに照らしてみれば、子どもの発達を測定することができるのです。
この表は、感覚系の機能の発達段階を示したものです。
脳の発達段階 時間幅 視覚 聴覚 触覚 運動 言語 手の機能
成熟皮質 優 36ヶ月

平均 72ヶ月

遅 114ヶ月
安全に理解して読む 完全な語彙と適切な文を理解する 物に触れて識別する 一貫して脳の優勢半球と対応する側の脚を器用に使う 完全な語彙と適切な文構造を身につける 一貫して脳の優勢半球と対応する側の手で書く
成熟した理解 成熟した表現 成熟した表現 成熟した表現 成熟した理解 成熟した理解
初期皮質 優 18ヶ月

平均 36ヶ月

遅 72ヶ月
経験の範囲内の文字や記号を認識する 単語2000語と簡単な文を理解する 触れることによって物体の特性がわかる 完全な交差パターンで歩き、走る 2000の単語と短い文を話せる より高度な役割を片方の手に与えながら両手を使う
初期理解 初期理解 初期理解 初期表現 初期理解 初期理解
原始皮質 優 9ヶ月

平均 18ヶ月

遅 36ヶ月
同類だが同じではない簡単な記号を識別する 単語10~25語と2語から成る文や句を理解する 同類ではあるが同じではない物に触れて識別する 腕を主要なバランスの手段とせずに歩く 10~25語の単語と2語から成る文や句を話せる 両手で同時に皮質協応ができる
原始理解 原始理解 原始理解 原始表現 原始理解 原始理解
発生期皮質 優 6ヶ月

平均 12ヶ月

遅 24ヶ月
視覚の収束により簡単な奥行きを理解する 聞いた言葉を2語理解する 平面に見える物体に触れて立体であることを理解する 主に腕でバランスをとりながら歩く。手は肩より上にあることがほとんど 2語の単語を自発的に、意味をもたせて使える どちらかの手で皮質協応ができる
発生期理解 発生期理解 発生期理解 発生期表現 発生期理解 発生期理解
中脳 優 3.5ヶ月

平均 7ヶ月

遅 14ヶ月
輪郭内の細部を識別する 意味を伴う発音を識別する 知的感覚を正しく識別する 手と膝で這う。最終的に交差パターンになる

意味のある音声を発する 手全体で意図的にものをつかむ
意味づけ 意味づけ 意味づけ 意味のある反応 発生期理解 意味づけ
脳橋 優 1ヶ月

平均 2.5ヶ月

遅 5ヶ月
輪郭を認識する 恐ろしい音に対して生命維持のための反応を示す 生命維持に必要な触覚を認識する うつ伏せでの腹這い。最終的に交差パターンになる 危険に反応して生命維持の泣き声をだす 危険に反応してにぎった手を開く
生命維持感覚 生命維持感覚 生命維持感覚 生命維持の反応 意味づけ 生命維持感覚
延髄と脊髄 優 0.5ヶ月

平均 1ヶ月

遅 2.0ヶ月
対抗反射 驚がく反射 バビンスキー反射 胴体はそのままで、手足だけをバタバタ動かす

産声と泣き声 把握反射
反射作用 反射作用 反射作用 反射による反応 生命維持感覚 反射作用

脳細胞の発達グラフ(脳細胞140億個)

脳細胞の発達グラフの図



知育(あたま)、徳育(こころ)、体育(からだ)がバランスよく伸びる保育を実践しています。

三育教育の図

スタッフは、保育士として日々自分を磨いています。

子育ては、愛だけでは不十分なのです。

コミュニケーションも子育ても、高度な技術を必要とします。もちろん、愛情を伴ってのうえです。

そこで、スタッフは保育士としてだけでなく、コミュニケーションや心理学など、常に研修をしてスキルアップに努めています。

安心で安全、楽しくて為になるをモットーに知育、徳育、体育、食育による保育を実施しています。

お問い合わせはこちら